ドラマ リビジョン20

ドラマ『アンサング・シンデレラ』第2話 薬剤部のピンチ・麻薬管理室の調剤の数が足りない?

病院
>>> BTS 毎月全19タイトル独占配信

病院薬剤師が主人公の新・医療ドラマが誕生!

フジテレビ4月期の木曜劇場は、石原さとみさん主演の薬剤師ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』を放送することが決定しました。

日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマがここに誕生しました。

薬剤師の役割は、医薬品全般における豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行うことです。

また、薬剤師は医師の出す処方箋に唯一異議を唱えることができ、患者にとっては”最後の砦”ともいえる重要な存在です。

決して脚光を浴びることはありませんが、全国30万人以上もの薬剤師たちが患者の”当たり前の毎日”を取り戻すために日々奮闘しています。

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』では、病院内の薬剤部にて、主に患者の薬の調剤、製剤を行う”病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いています。

病院薬剤師を主人公として描く日本の連続ドラマは初となります。
”アンサング”とは「褒められない」という意味。

医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、”縁の下の力持ち(アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちの、まだ知られていないヒューマンドラマが幕を開けます!

引用:https://www.fujitv.co.jp/unsung/introduction/

石原さとみさんが病院薬剤師に!

主人公・葵みどり(石原さとみ)はキャリア8年目の薬剤師。

みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っています。

1人でも多くの患者を救いたいと思っているのですが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。

だが、すべては患者の”当たり前の毎日”を取り戻すためー。

チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら、患者一人一人と真摯に向き合っていきます。

木曜劇場ではこれまで『白い巨塔』(03~04年)、『Dr.コトー診療所』シリーズ(03、06年)、『医龍-Team Medical Dragon』シリーズ(06、07、10、14年)、『グッド・ドクター』(18年)といった医療ドラマを数多く放送してきましたが、登場人物として描かれてきたのは医師や看護師で、薬剤師がフォーカスされることは皆無でした。

葵みどりを演じるのは石原さとみさん。

木曜劇場には2014年10月期放送の『ディア・シスター』(木曜劇場初出演・初主演)以来5年半ぶり2度目の出演。

フジテレビの連続ドラマとしては月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(2015年10月期)以来4年ぶりとなります。

法医解剖医を演じ、東京ドラマアウィード2018で主演女優賞など最多6冠を達成した法医学ミステリードラマ『アンナチュラル』(18年、TBS)での名演が記憶に新しい石原さんですが、フジテレビで医療従事者を演じるのは、新米ナース”あおい”の成長を描いた民放連ドラ初主演作『Ns’あおい』(06年)以来14年ぶり。

今作ではお団子ヘアの病院薬剤師・葵(あおい)として病院を駆け回ります!

引用:https://www.fujitv.co.jp/unsung/introduction/

原作

原作は『月刊コミックゼノン』で連載中の『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(荒井ママレ/医療原案:豊野浩充)

2018年5月に連載を開始して以来、知られざる薬剤師の奮闘をリアルに描写したヒューマンストーリーとして、医療従事者に関わらず多方から絶賛の声があがっています。

また、薬科大学生の間では薬剤師の現状を知るためのバイブルとしても活用されているといいます。

実写化を望む声が広がる中、この度ついにドラマ化が実現。

そして脚本を務めるのは『グランメゾン東京』(19年、TBS)の黒岩勉さん。

医療ドラマの脚本を手掛けるのは本作が初となります。

三ツ星レストランを目指す”シェフチーム”の奮闘を描いた黒岩さんが、今作では一体どんな”薬剤師チーム”を描くのでしょうか?

原作の魅力を生かしながら、築き上げられる世界観に注目です。

薬剤師とは

大学の薬学部、もしくは薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を終了後、薬剤師国家試験に合格した者のみが薬剤師の仕事に就くことができます。
全国の薬剤師は301,323人(厚生労働省発表:平成28年12月31日時点)。
仕事内容は、調剤薬局やドラックストアを始め、病院、クリニック、自治体、保健所、民間企業など職場によって異なりますが、薬剤師法の第1条で定められている役割は、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする」となっています。
今作は、病院内の薬剤部で、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師の奮闘を描きます。

引用:https://www.fujitv.co.jp/unsung/introduction/

第2話

葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。

販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより足早で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。

2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。

困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を訪ねるが、麻利絵もわからない様子。

みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、”父親”だと答えるが何か事情がありそう。

調剤室では、販田聡子が走り込んできて何やら慌てた様子。

販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。

病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。

刈谷は調剤室にある医療用麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。

販田はほかの保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

そんな中、病室の外が騒がしくなる。

みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。

みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。

救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は危篤に陥る。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、調剤の数が足りない事に気づく…。

引用:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/

感想

>>> BTS 毎月全19タイトル独占配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =