ドラマ リビジョン20

『シロクロ・パンダ』第3話 クライミング界に白黒つける

シロクロパンダ
>>> BTS 毎月全19タイトル独占配信

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

巷に溢れる悪質な犯罪。

しかし、忖度や圧力によって握り潰されることも多い。

そんなグレーな世の中に、

闇に隠された真実を大胆華麗に暴くのが、

謎の女・ミスパンダ(清野菜名)と彼女を操る飼育員さん(横浜流星)。

この最強バディが忖度なしにグレーな問題に「シロクロ」つけていく!

ミスパンダの正体は、実はかつて天才囲碁棋士と騒がれた川田レン。

そして、ミスパンダを操る飼育員さんは、

実は大学で先進医学を学び、メンタリストNとしても活動している森島直輝。

直輝は謎の男・Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)からの指令によって活動行っているが、単なる正義感からグレーな事件の真相を暴いているのではなかった!

直輝は何のために活動しているのか!?

何故ミスパンダは生まれたのか!?

アメコミのような痛快さと、先の読めない謎が加速する!

これまでにない新時代のシニカルミステリーが誕生!

※シニカル:皮肉な態度をとるさま。冷笑的。

清野菜名さんと横浜流星さんのW主演

 

 

川田レン/ミスパンダ役:清野菜名さん

ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ)の聖子ちゃんカットが話題に。

「シロクロ」の中では、”川田レン”という役を演じています。

普段はネガティブで弱気な囲碁棋士ですが、”ミスパンダ”に変身すると急に自由奔放で正反対な人格を熱演しています。

本人談:

ダークヒーローでもあり、正義ヒーローでもあり、でも全部が100%正義なわけでもないっていう・・・

アメコミのような大胆さもあり、でもコミカルな部分もあって、でもなんかシュールな部分もあり、なんか色んな要素が掛け合わされている、ちょっと異様なヒーローだと思います。

 

森島直輝/飼育員さん役:横浜流星さん

「シンクロ」中では、”森島直輝”という役を演じています。

人の心の中を見抜くメンタリストとしてテレビに出ていたり、裏では謎の男、”Mr.ノーコンプライアンス”の指令を受けて”飼育員さん”として”ミスパンダ”を操っています。

横浜流星さんも色々な顔を持つ人物を演じています。

本人談:

彼らにとっては正義というか、「シロクロ」つけるために手段を選ばないんですけど、見る人によっては果たしてそれが正義なのか悪なのかわからないので、そこが魅力的かなと思います。

キャスト

Mr.ノーコンプライアンス(50)役:佐藤二朗さん

直輝に指令を出しグレーな事件に「シロクロ」つける謎の人物。

その行き過ぎた正義感には過去に下した”ある決断”が関与している。

本人談:

シロでもクロでもないグレーの部分に突っ込むって、テレビ地上波でやっていいのか・・・出来るのかなっていうのが最初の印象です。

川田麻衣子(40)役:山口紗弥加さん

レンの母親。

10年前のある事件がきっかけで入院。

今も療養施設で生活している。

 

門田明宏(45)役:山崎樹範さん

大学病院の精神科医にして直輝のゼミの教官。

10年前のある事件以降、レンの担当医として診察をしている。

 

神代一樹(36)役:要潤さん

数々のスクープを世に送り出してきた敏腕ディレクター。

取材のためなら手段を選ばないクセ者。

 

佐島あずさ(23)役:白石聖さん

報道記者。

直輝とは恋人関係。

中学時代「コアラ男」を名乗る男に誘拐された過去がある。

 

加賀春男(55)役:升毅さん

加賀佳恵(47)役:椿鬼奴さん

囲碁喫茶の夫婦。

近所に住むレンを幼い頃から可愛がる。

親代わりの存在でレンの過去を知る数少ない人物。

 

 

相関図

あらすじ 第3話

スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵(秋元才加)がコーチの鹿野博史(三浦貴大)とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権の出場を辞退すると発表。

沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。

彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうと舌と主張。

そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠(六平直政)が現れる。

釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。

磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。

ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?

それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか?

世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。

会見の模様をテレビで見ていたレン(清野菜名)は、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。

一方、直輝(横浜流星)はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるように告げられる。

沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里(竹内愛紗)。

亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。

そこに世界選手権に出場する海外有力選手・コリーナとミルコビッチが訪れる。

コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。

その時、ミスパンダが現れる。

ミスパンダは亜香里に向かって>

「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る・・・。

引用:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/story/

感想

主題歌

「bad guy」: Billi Eilish(ビリー・アイリッシュ)
 

2001年12月18日生まれのシンガーソングライター。

「bad guy」は全米シングル・チャート(Billborard Hot 100)で1位を獲得。

2000以降に生まれたアーティストとして史上初の快挙。

この楽曲のストリーミング数は全世界で35億回以上を記録。

 

 

>>> BTS 毎月全19タイトル独占配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 6 =