ドラマ リビジョン20

ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』第3話 運命の人との二度目のデート

サンドウィッチ

アラサーOL4人の新感覚・ラブコメディ

原作は、女性ファッション誌withならではの読者アンケートを元に、婚活世代の女子たちの、リアルな声を反映して描かれた同名漫画。

婚活のあるあるや痛みもそのまま詰め込んだ共感度満点な内容が、大きな反響を呼んだ。

物語は、過去の不倫経験から”普通”に執着する沙代(堀田茜)。

長年付き合った彼となかなか次の段階に進めない美晴(瀧本美織)。

流されやすくいつもセフレ止まりな美和(筧美和子)。

プライドの高さから玉の輿しかありえないという茜(Niki)。

という、違った結婚観をもつ4人の女子たちが、「結婚」へ向けて奮闘するリアルな恋愛模様が描かれる。

本作での、キーポイントは、婚活をサポートする”謎の組織”・ピーナッツバターサンドウィッチーズ(=通称PBS)の存在だ。

女性の幸せが多様化し、「女性は結婚するのが当たり前」の世の中ではなくなったものの、一定数の女性はやはり結婚したいと願っている。

そこで政府は女性が選んだそれぞれの道をサポートするための機関を立ち上げた。

バリキャリ女子、セカンドライフ女子、婚活女子など・・そしてピーナッツバターサンドウィッチーズが担当するのは、「婚活」。

日本女性の中から毎度婚活女子4人をピックアップし、サポート・研究していく秘密のトリオなのだ!

ドラマ版では、婚活の恋愛模様の合間に、PBSによるデータからみた恋愛解説(たとえばワンナイトラブから付き合える確率は通常何%、20代で結婚に不安をもつ女性は何%など)や、スタジオトークのような談義が挟まる試みになっており、ラブストーリーとスタジオトークがサンドされた恋愛バラエティ型の新感覚・ラブコメディとなっている。

引用:https://www.mbs.jp/pbs_drama/#intro

 

原作コミック ebookjapan
ピーナッツバターサンドウィッチ ~29歳OL4人の婚活奮闘記!

29歳、崖っぷちアラサーOL4人の婚活奮闘記。

女性誌withの公式WEBサイトで不動の人気No.1を誇る大人気連載を電子書籍化。

連載開始からの累計PVは驚異の5000万PV!!

with読者へのアンケートや、座談会を元にしたリアルなOLの婚活エピソード、お役立ちな婚活情報を盛り込んだ共感度満点で、最新婚活トレンドがてんこ盛りの婚活漫画!

「ピナバタサンド」の電子書籍はこちら

第3話

自身が持てない美和(筧美和子)は、「可愛い」と自分を肯定して必要としてくれる慎(吉田仁人)から、中々離れられずにいた。

取引先の営業部のリーダー・五十嵐(濱尾ノリタカ)からご飯に誘われた茜(Niki)は、年収がイマイチだから条件的にはナシだと言いながらも、食事に行くことに。

五十嵐は、背伸びをして、普段は絶対に行かない高級店を茜のために予約した。

そんな中、PBSの小林(伊藤健太郎)の調査によると、2人は以前に会ったことがあることが判明。

しかし、茜が五十嵐にとる態度はいかにも初対面。

どうやら茜には、今の姿から想像もできない、だれにも触れられたくない過去があるようで・・・。

沙代(堀田茜)は、運命の人だと信じる笹山先輩(忍成修吾)から「話したいことがある」と、言われ誘われた2回目の食事会に心が躍っていた。

一方、美晴(瀧本美織)は、マッチングアプリで出会い、一回目のデートでふいにキスをされた時田(奥野壮)から、もう一度会いたいと言われ返事に困っていたものの、沙代に背中を押されて再び会うことに・・・。

引用:https://www.mbs.jp/pbs_drama/#story

相関図

キャスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =